Dovecotの設定


※雪だるま

前回の日記に引き続き、今回は受信メールサーバ(Dovecot)の設定備忘録。
こっちはpostfixとくらべて比較的すぐに終わった。

【Dovecotをインストール】

・yumで一瞬でインストール
yum -y install dovecot
「Complete!」とでてればOKです。

【dovecot.confの設定】
・/etc/dovecot.confを修正する。

#mail_locationにメール受信先を指定
mail_location = maildir:~/Maildir

#protocolsのを設定
protocols = imap imaps pop3 pop3s

【Dovecotを起動】
・/etc/rc.d/init.d/dovecot start
Starting Dovecot Imap: [ OK ](おkならおkですw

・お決まりの自動起動設定
chkconfig dovecot on
chkconfig –list dovecot
dovecot 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off(3がONならおkです。

【メールボックスの設定】
これで新規メールユーザー作成時に、ユーザーrootにmaildirが作成される。
mkdir -p /etc/skel/Maildir/{new,cur,tmp}
chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/

とまぁここで出来たのがちょっと奇跡だったぁ。
参考サイトの皆様ほんと感謝です。

今回参考にしたサイト
【さくらのVPSをもう少しセットアップしてみる】
http://blog.justoneplanet.info/2010/10/24/
【searchman】
http://www.searchman.info/fedoracore4_apply/sev1050.html

postfixの設定

さくらvpsでsendmailが非常に邪魔なので、postfixを導入しました。
忘れない様にここにpostfixの設定方法を追記。

しかし設定に丸々3日かかりました・・・。
ネットワーク系を独学で始めると消耗が激しい・・・。

【postfixのインストール】

・yumコマンドでインストール
yum -y install postfix

「Complete!」とでてればOKです。
出なかったらsendmailなどが動いていないか確認。

・sendmail が動いてたら止めて、再実行。
/etc/rc.d/init.d/sendmail stop

・ゴミ掃除。
/etc/rc.d/init.d/sendmail stop

【postfixを有効化】
メールサーバの設定を確認
alternatives –config mta
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[root@hogege sasl]# alternatives –config mta

There is 1 program that provides ‘mta’.

Selection Command
———————————————–
*+ 1 /usr/sbin/sendmail.postfix

Enter to keep the current selection[+], or type selection number: 1(この場合は1を設定)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/usr/sbin/sendmail.postfix以外が選択されていたらsendmail.postfixに設定。

【/etc/postfix/main.cfの設定】
/etc/postfix/main.cfを vi or エディタで修正する。

#myhostnameにドメインを指定
myhostname = tantan.jp

#mydomainにドメインを指定
mydomain = tantan.jp

# Postfix から送信される発信元アドレスにmydomainを設定する。
myorigin = $mydomain

# Postfix を中継できるクライアントを制限する。
# この設定だと、内側からの送信限定(外部から中継する場合、許可したいIPを指定)
mynetworks = 192.168.0.0/24, 127.0.0.0/8

#inet_interfacesをallに設定
inet_interfaces = all 

#ローカルに配送するドメインを指定(指定しないとメール配送ループの危険があるそです)
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain

#### ## ## ## ##
#
# 制御関連
#
#### ## ## ## ##

# HELO(EHLO)コマンドの要求
smtpd_helo_required = yes

# VRFYコマンドを無効(Eメールアドレス収集対策)
disable_vrfy_command = yes

# 厳密な RFC 821-形式のエンベロープアドレスの要求
strict_rfc821_envelopes = yes

# 受信者アドレスが最初の文字として `-‘ を持つことを許可します。 コマンドラインでEメールアドレスを渡すソフトウェアでの事故を避ける ため、デフォルトではこれを認めません。
allow_percent_hack = yes

# “site!user” から “user@site” への書き換えを有効にします。これは マシンが UUCP ネットワークに接続されている場合に必要です。これは デフォルトで有効になっています。
swap_bangpath = yes

# 信頼していないクライアントから $relay_domains にマッチする配送先へ、 送信者が指定したルーティング (user[@%!]remote[@%!]site) を持つメールを 転送します。
# デフォルトでは、この機能は無効になっています。これはバックアップ MX ホストが騙されてジャンクメールをプライマリ MX ホストに転送してしまい、 spam が世界中に送られてしまうことになる、厄介なオープンリレーの 抜け穴を塞ぎます。
allow_untrusted_routing = no

# クライアントからSMTP接続の要求を受けた際の制御(逆引き出来ない接続を拒否)
smtpd_client_restrictions = permit_mynetworks, reject_unknown_client, permit

# SMTP HELOコマンドの場面で適用する制限(ホスト名の文法が不正な接続を拒否)
smtpd_helo_restrictions = permit_mynetworks, reject_invalid_hostname, reject_unknown_client, permit

# 受信者アドレス制限 : メール中継の制限(オプションパラメータでの制限をする場合に使う)
smtpd_recipient_restrictions =permit_mynetworks, permit_sasl_authenticated, reject_unauth_destination

# 送信者アドレス制限 : MAIL FROM コマンドの場面で適用する制限(ドメインが存在しない場合は拒否)
# smtpd_sender_restrictions = reject_unknown_sender_domain, reject_sender_login_mismatch
smtpd_sender_restrictions = reject_unknown_sender_domain

# ETRN コマンド制限
smtpd_etrn_restrictions = permit_mynetworks, reject_invalid_hostname

# SMTP-Auth設定
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtpd_sasl_local_domain = $myhostname

# 受信メールサイズ制限 (受信メールサイズを10MB=10*1024*1024に制限)
message_size_limit = 10485760

こんな感じで設定完了。
あとはsmtpdの設定をちょっと各自改良してください。

【postfixの起動と自動起動化】
/etc/rc.d/init.d/postfix start
Starting postfix: [ OK ](おkでたらおkw

chkconfig postfix on(自動設定起動
chkconfig –list postfix
postfix 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off(3がONならおkです。

これでメールの送信は可能になったと思います。
次回はメール受信サーバの設定。

=========================
■お世話になった、参考サイト
【送信メールサーバー(Postfix)をつくり、メールの送信の準備をする。】
http://www.searchman.info/fedoracore4_apply/sev1040.html
【Linuxで自宅サーバ】
http://www.miloweb.net/mail.html#5
【ホームサーバー(自宅サーバー)をLinuxのFedora Coreで構築】
http://home-server.sakura.ne.jp/fed3mail.htm
http://www.miloweb.net/mail.html#5
【ひじき.net】
http://www.hijiki.net/archives/000040.html